2014年12月30日火曜日

接客にも使える、ファミマ会長のアイコンタクト

コンビニ業界の大手、ファミリーマート会長の上田準二さん。
上田さんのインタビューの中に、なるほど、という接客にはもちろん
人間関係を円滑にする秘訣と思うお話がありましたので、紹介します。

参考:http://president.jp/articles/-/13941

 表情を豊かに、感情をこめる


「少人数の会議では、聞き手に(あなたを理解していますよ)とアイコンタクトしながら話すのが重要。するとこっちの気持ちが伝わるのか、内容以上に“面白い”と思われます。プレゼンを聞いてるときも、社員の目が泳いでたら、目の合ったタイミングで(おまえ、緊張してるな。でも、大丈夫だぞ)と笑いかけるんです。そして肝心な部分では大きく頷く。すると話すほうも落ちついてきます」




2014年12月29日月曜日

ブラック企業のひどすぎる実態に、弁護士も動き出した

若者の使い捨て、長時間労働、パワハラなどブラック企業の定義は色々いわれています。
昨今のあまりにも多い事例を鑑みて、弁護士の方も立ち上がりました。

参考:http://toyokeizai.net/articles/-/17634?display=b


”法曹界から若手を中心に約50人の弁護士が立ち上がった(結成時。現在は、約100人の弁護士が弁護団に加入)。7月31日に結成された「ブラック企業被害対策弁護団」(代表・佐々木亮弁護士)がそれだ。
同弁護団は相談者から受けた依頼を基に、実態を調べ、違法・脱法行為があれば訴訟など法的な手続きにのっとって、ブラック企業に対抗する。”


2014年12月17日水曜日

ワタミやすき家などの外食チェーンの人材不足は、自業自得か?!


今、居酒屋チェーンワタミや牛丼チェーンすき家などを中心とした外食チェーンで、人材不足が顕著です。テレビ番組のガイアの夜明けでも特集が組まれるほど、世間にも認知されています。
そこには「自給を上げてもアルバイトが来ない」「人手不足は今に始まったことではない」などとという意見が外食産業の経営幹部などからも多くよせられていました。

ただ、現場にいた私に言わせれば「自業自得だな」と思ってしまいます。なぜここまで、外食チェーンが働く人にとって魅力に欠けるか、外食産業ワタミの現場を知るわたくしナインなりに考えてみました。



2014年12月9日火曜日

ワタミの実態大暴露 『実話ブンカ超タブー』連載第二回

以前から連載をさせていただいている
『実話ブンカ超タブー』様に、第二回目の記事が掲載されました!
第一回目の概要

こちらの雑誌が、三ヶ月に一回の周期なので
今回は、12月2日に発売済みです。
次回は、3月の初旬の予定です。


タイトルは「ワタミの入社式とブラック理念研修」です。

ちょっとだけ内容をお見せします。
興味があればどうぞ!

2014年12月7日日曜日

無料で出来る!飲食店のシフト・売上・客数管理のエクセルシート

日々、管理に大変な皆さんのために
エクセルで楽に管理できるファイルを アップロードしました。

〔無料版〕飲食店のワークスケジュールシート
〔無料版〕客数分析シート


ワタミ・すき家・マック 外食ブラック企業が赤字経常

従業員を使いつぶす、過酷なブラック企業が因果応報か?!

黒い企業の真っ赤な決算書が明らかになりました。
売上に響き、店は閉店に追い込まれています。

 過酷な勤務シフトなど“ブラック企業”の烙印を押された面々の末路が見えてきた。


居酒屋チェーンのワタミは当初、来年3月期に20億円の最終利益を予想していたが、一転して30億円の赤字に塗れる。前期に続いて2年連続だ。

 笑えないのがその理由。企業イメージの悪化もあって客離れが止まらなくなっていた矢先、人手不足解消のため60店舗の閉鎖を計画したものの、業績悪化から閉鎖店舗を100店に拡大することで特別損失が拡大する。これぞ「貧すれば鈍する」で、店舗の閉鎖ラッシュが負の連鎖となって同社の首を締め上げた。


2014年12月1日月曜日

ワタミの凋落の理由 「値下げ」「ブラック企業批判」

ワタミ関連で、面白い記事を見つけました。
参考:http://toyokeizai.net/articles/-/53463

ワタミの最近の赤字を見て、その原因を調査したものです。
元社員の私も思わず「なるほどな」と納得しました。

----------

「和民」「わたみん家」などの居酒屋チェーンを運営するワタミが、2015年3月までに102店の閉鎖を決めた。もともと60店の撤退を計画していたが、2014年9月中間決算で41億円の最終赤字となるなど業績不振が止まらず、全体の約15%に当たる大量閉鎖に発展した。かつて「不況に強い」とされていた居酒屋チェーンの雄、ワタミはなぜここまで凋落してしまったのか。


2014年11月12日水曜日

ワタミ 店舗閉鎖102店舗 『元』ブラック企業ユニクロとの違いは?


ブラック企業批判の対処もままならず、居酒屋そのものの利用者減少を受け
店舗の閉店が加速しています。


居酒屋チェーンなどを展開する「ワタミ」は利用者の減少に歯止めがかからないとして、
新たに38の店舗の閉鎖を決め、今年度中に国内で合わせて102店舗を閉鎖することになりました。

「ワタミ」は11日行った中間決算の説明会で、
居酒屋チェーンの「和民」や「わたみん家」など新たに国内の38店舗を今年度中に閉鎖することを明らかにしました。
ワタミは人手不足などの影響で、ことし4月以降、先月までに国内の64店舗を閉鎖しましたが、
これで今年度中に閉鎖する店舗の数は、全体の15%に当たる102となります。

参考:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141111/k10013125451000.html


面接対策 『熱意』の作り方―未経験の仕事に転職するなら必須条件

当ブログで、退職や転職の話も書いていますが
そちらも好評なので、ちょっと志望動機とか熱意の話をしたいと思います。

採用担当者に聞いた「この人を採用しなかった理由」の一つにあがるのが
熱意がない、だそうです。

そもそも、熱意とはなんでしょうか。
面接者のどこを見て
彼は、熱意がある。彼には熱意がない。と判断するのでしょうか。


2014年11月6日木曜日

3分でわかるコーヒー業界!多様化する市場の勝者は?


全日本コーヒー協会によれば、日本は世界でも有数のコーヒー消費国。
2012年の統計ではアメリカ、ブラジル、ドイツに次ぐ世界第4位のコーヒー消費大国である。また、コーヒーの輸入量は2013年には50万3137トンと史上最高を記録した。


今、コーヒーマーケットにニューウェーブが押し寄せている。
これまで日本では3回ものコーヒーブームが巻き起こってきた。




セブンカフェ 今やスタバと比較されるレベルだが、始めは失敗の繰り返しだった!

セブン-イレブンの100円コーヒー、スターバックスの2000円コーヒー、「コーヒー界のアップル」ブルーボトルなど、最近、コーヒー市場をめぐる各企業の競争が加熱している。

 『戦略は「1杯のコーヒー」から学べ!』の著者である永井孝尚氏によると、「コーヒー業界をめぐり各社が打ち出す商品、ビジネスモデルは、最新ビジネス戦略を学ぶ好材料」だという。そこでコーヒーの裏側にある高度なビジネス戦略について語ってもらった。


参考:http://toyokeizai.net/articles/-/51509


2014年10月5日日曜日

スタバにもあった!売上不振から復活した「らしさ」の経営



無駄をなくして、売上減少?



売上高が拡大しているものの、利益は半減、既存店の売上高も下がっている。
つまり2008年、スタバは数字のうえでも不振状態に陥っていたのだ。

「売り上げ拡大の勢いは重要。これは維持したい。しかし利益が悪化しているのは費用が多すぎるからだ。もっと無駄を省いて、効率化を図ろう」
このように考えるのではないだろうか?



2014年9月13日土曜日

2014年9月8日月曜日

「ブラック企業大賞2014」決定!ヤマダ電機が「大賞」。たかの友梨、すき家にも部門賞

■過去の2度は、東京電力、ワタミが「大賞」を受賞してきた。
今回、ブラック企業実行委員会は7月にこれまで長時間労働などが問題になってきた
以下の9の企業・団体をブラック企業大賞の候補としてノミネートし、インターネットで投票を募集してきた。


2014年9月5日金曜日

ワタミの実態大暴露 『実話ブンカ超タブー』連載スタート!!

管理人からの個人的なお知らせです。


私の連載が『実話ブンカ超タブー』という雑誌でスタートしました!
発売は 2014年9月4日 です!(^^)!

この雑誌には、私がワタミに入社した経緯や、そこであったホントのところを
書いています。

タイトルは「私は、こうしてワタミに入社した」です。


ちょっとだけ内容を抜粋しますね。



2014年8月27日水曜日

ロボットに仕事を奪われる?!外食チェーン・飲食店従業員の未来は暗い


昨今の人手不足解消のため、サービス業で使える
ロボットの開発に、メーカーらが乗り出したニュースです。

参考:http://www.yomiuri.co.jp/science/20140826-OYT1T50023.html
タイトル:ホテルや居酒屋の働き手…サービスロボ開発へ


「人手不足を緩和できるならいいじゃないか」
私も始めはそう思いました。

ただ、今まさに働いている人たちにとってはどうでしょうか。



2014年8月18日月曜日

ワタミ以上に宗教的!軍隊のようなゼンショーブートキャンプ


今、すき家を全国展開するゼンショーグループが、ブラック企業批判にさらされています。

24時間連続勤務や残業時間が109時間とも言われています。
すき家 24時間連続勤務 残業109時間?!ブラックな実態解明へ

今回は、ゼンショーでの軍隊式の社員教育の話です。


2014年8月3日日曜日

ワタミには絶対に行かないと決めている人へ―ワタミの看板を隠しているけど、この店もワタミグループだ!

ワタミへのブラック企業批判は止まりません。
売上もガタ落ちしています。(ワタミ自業自得か?!赤字転落で陳謝

その中でご意見を頂いたものは
「もうワタミには絶対に行かない」「行くと従業員がかわいそう」
こんな意見です。

ですがワタミも賢いです。
こうした売上の減少、客数の減少を受け
ワタミの名を隠し、別の名前で次々に店をオープンさせています。

トップの考え方や労働環境が変わらない以上
どんな店を出しても、内部は全く変わらず、無意味です。

今回は、ワタミの名を隠してはいるが
ワタミグループが運営している店をピックアップします。

 現状、ワタミの名が残っているもの


・JAPANESE DINING「和民」
・居食屋「和民」
・語らい処 「坐・和民」
・炭火焼だいにんぐ 「わたみん家」


 一見、ワタミとわからなくしている店(リンクは店のHPに行きます。看板など詳細をチェックしてみてください。)



ごちそう厨房「饗の屋(きょうのや)」
ごちそう厨房 「饗の屋」

仰天酒場「旨い屋」


BARU&DINING「GOHAN」  (バルアンドダイニング・ゴハン)


TGI フライデーズ


CHINA BISTRO 「WANG'S GARDEN」武蔵小杉店
ワンズガーデン ムサシコスギテン

炉ばたや 銀政


炭旬(すみしゅん)


居食屋 渡美 (いしょくやわたみ)


京都 季鶏屋(きどりや)


炭火やきとりと手づくり料理「炭の鳥子 Sumi no TORIKO」
炭の鳥子 Sumi no  TORIKO がオープン!

















2014年8月2日土曜日

すき家 24時間連続勤務 残業109時間?!ブラックな実態解明へ

すき家といえば、深夜での一人勤務(ワンオペ)が記憶に新しいですが
ついに調査が入り、その実態が報告されました。

”牛丼チェーン「すき家」の労働環境を調査してきた第三者委員会(委員長・久保利=くぼり=英明弁護士)は31日、調査報告書を発表した。すき家の非管理職社員418人の平均残業時間が労使協定(月45時間)を大幅に上回る月109時間(今年3月)に上ったことなどを明らかにし、
「現場は著しい過重労働が生じており、法令違反状況に至っていた」と指摘。運営会社のゼンショーホールディングスに長時間労働を禁止するルールの策定や深夜の1人勤務体制(ワンオペ)の解消などを早急に実現すべきだと提言した。(引用)”


2014年7月23日水曜日

外食産業の数少ない?ホワイト企業「きのとや」-ブラック企業ワタミとの違いは明白


札幌では有名なスイーツの「きのとや」
カンブリア宮殿で、その経営と従業員を大切にする姿勢が紹介されていました。


これからの外食チェーンに大切なこと


「従業員の誕生月には「祝い金1万円」と特別休暇が与えられ、2カ月に1回「5000円分のケーキ券」が配られる会社――。
札幌で大人気の洋菓子店「きのとや」は、「安心・安全」と「従業員を大切にする」というテーマを掲げて成長を続けている(引用)」


「従業員を大切に」

これは、どの会社にも言える大切なことですが
しっかりと行われているでしょうか?

少なくとも、ワタミやすき家を始めとした外食チェーンでは、はなはだ疑問です。


厳しい労働環境、長時間労働、サービス残業
休日出勤などなど・・

当ブログでも指摘している通り(ブラック企業離職率外食産業の人材不足
人材不足や離職率を見る限り、とても大切にしているとは思えません。


こんな中、こうした「きのとや」さんの姿勢は、本当に素晴らしいことです。


「長沼社長は、「いい会社はひとりでは作れない、社員みんなで作りましょう」という考えのもと、「従業員を大切にする会社」を目指すに至る。
誕生月祝い金や特別休暇、ケーキ券はパート・アルバイトにも配られる。
あるパートの女性は「こんなところ今までなかった。がんばろうという気になります」と話す。(引用)」

本当に仕事や会社が好きですか?


「会社に対する忠誠心が、給与の上昇だけでは担保されなくなり、従業員との信頼関係を持てるか、従業員が会社に誇りを持てるかということが、経営の根幹に関わる時代になったと思う(引用)」


これは番組で、村上龍さんがおっしゃっていた言葉です。
本当に的を得た意見だと思います。

正社員・アルバイト募集時平均給与調査結果を公表」の記事で自給のお話をしましたが
ブラック企業が現代の日本に横行する中
給与だけでは、働かなくなっています。


そもそも、外食産業の人材不足の問題は
「仕事がきつそう」「休みもなく大変そう」という理由で働く人が敬遠しているからで
給与が理由ではありません。

働く環境そのものに対して、みんなが不満であるから
人材不足が起こっていることは明らかです。


今現在、人材不足で悩んでいるワタミなどの外食チェーンは
まず今いる従業員の人たちを大切にすること。

すると、良い噂も広まります。
そして、一番いいことは従業員が従業員を連れてきてくれます。

私が思う良い会社、良いお店はこれです。
従業員が良いお店だと思っていれば、
アルバイトを探している友達や家族を紹介したくなります。

皆さんのお店は従業員同士の紹介がありますか?

もし、それがなく、人手不足に苦しんでいるのなら
今いる従業員に、よく思われていないかもしれませんよ。


参考:http://careerconnection.jp/biz/tvwatch/content_1693.htmlutm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter



2014年7月8日火曜日

サービス残業は麻薬と同じ?!飲食店・外食チェーンの人材不足について

外食チェーン経験者の方ならわかると思いますが
基本どの店も人不足ですよね。
ただ、近年さらにそれに拍車をかけ、深刻な問題になっています。

理由は
・若者の人口の減少
・外食産業=仕事がきついというイメージ


確かに、今は無理しなくてもアルバイトの求人は豊富で、選べるくらいかもしれません。

さらに、「客に絡まれそう」「労働環境が悪いイメージがある」といったこともマイナスです。
わざわざ大変な思いをしたくないという若者も多く
外食チェーンで働くことそのものに価値を見出していません。


ついに「すき屋」のシフト表が流出。飲食店経営者の力量が問われる時代に


ブラック企業の代表格の扱いを受けている
すき家の内部事情です。

すき家といえば、深夜の一人営業で、強盗に狙われていることも記憶に新しいですよね。





2014年5月28日水曜日

お問い合わせ

「ブラック企業で悩んでいる」 「仕事を辞めたい」など
ブログへのご意見、ご感想、どんなことでも構いません。

もちろん秘密は厳守いたします。

何でもお問い合わせください。


メール  nain091275@yahoo.co.jp
Twitter  
Facebook 

2014年4月13日日曜日

転職するならこれを見よ!ハローワーク・雇用保険(失業保険)・職業訓練の活用方法

今回は、転職活動のハローワーク活用法です。

そもそも、ハローワークとは、
Wikipediaには「公共職業安定所(ハローワーク)とは、国際労働機関条約88条に基づき加盟国に設置される公的職業安定組織 (public employment service) が運営する職業紹介所。

日本においては、厚生労働省設置法23条に基づき設置される公的職業紹介所(ハローワーク、英語: Public Employment Security Office)が該当する。」とあります。

要は、国が運営する職業紹介の場です。
無料ならとりあえず利用しよう、と思うでしょうが、良い部分も悪い部分もあります。
大きくは以下の3つが挙げられます。

1.求人を出す側も、利用者も無料である
2.退職した場合、雇用保険(失業保険)の手続きを受ける 
3.職業訓練の案内を聞ける


早速、それぞれメリット・デメリットを詳しくみていきましょう。


2014年4月4日金曜日

転職エージェント・転職サイト徹底比較!

ここでは、具体的な転職エージェント・転職サイトをご紹介したいと思います。

手に職をつけられる、IT業界や介護といった業界別の情報や、派遣に特化したサイトもあります。
皆さんの希望にあったものを、複数登録すると良いと思います。
登録は無料ですから、色々なところに登録してみてから、使いやすいものに絞ってみてもいいでしょう。

より良い転職活動をしていきましょうね^^



未経験でも飲食店から転職しやすい業界とは?―転職で考える大切なこと

以前、飲食店から未経験の仕事に転職したい人へ―知っておくべきたった一つのことでは
未経験ということは転職のネックになるという話をしました。
では、あきらめた方がいいのかというと、そういうことはありません。

この外食企業の勤務経験が活きる業界もあります。
今回は、未経験でも転職しやすい業界の話です。



2014年4月1日火曜日

未経験でも安心―転職エージェントを徹底的に活用する方法

転職活動を始めると、思い悩むことも多いと思います。
「転職先がなかなか決まらない」「面接が上手くいかない」などなど。

こういった転職の悩みを相談し、解決してくれる存在が転職エージェントです。



2014年3月31日月曜日

飲食店から未経験の仕事に転職したい人へ―知っておくべきたった一つのこと

これを見ている皆さんは、退職・転職したい人が多いと思います。
そして、飲食業界から転職したいとお考えかと思います。

もう転職活動をしている方は、感じているかもしれませんが
未経験の仕事への転職は難しいです。その理由を考えたいと思います。






 なぜ、飲食店から未経験の仕事への転職は難しいのか


「経験がない」

まず、これが最大の理由です。
真っ先に転職先の企業が心配することで、これが最も大きいネックになります。

例えば転職先が、小売業界やアパレル業界などの接客を主とする企業であれば話は別です。
これらの業界であれば、「経験なし」とはなりません。むしろ、歓迎されるスキルかもしれません。


ですが、全く違った業界、オフィスワークや営業などの場合、畑違いの業種・業界になるとどうしても企業側は経験をみます。

私も、外食チェーンで4年勤めました。
職務経歴は正社員としての就労ですし、一定の社会経験はあります。
ですが、面接で必ずといっていいほど

「経験はないですが、大丈夫ですか?」
「わが社はこういった仕事内容ですが、どのようにやっていこうとお考えですか?」

といった、経験のなさを指摘してくる質問をされます。


そもそもなぜ、経験の有無を気にするのかといえば、リスクをとりたくないからです。
経験者であれば、働いているイメージができます。
同じ業界であれば、同じような仕事の流れになることが多く、即戦力として期待もできます。

未経験になると、そのあたりのイメージがつきません。
「ウチの仕事がこの人に合うのか」「仕事についていけるか」
といったところが未知数なため、冒険したくないので、どうしても積極的な姿勢はなくなります。

 新卒は就職のプラチナチケット


中途採用であれば、経験は必須であり、未経験であればそれを覆す何かが必要でしょう。
企業側は、未経験者を採用するなら、新卒が良いと考えているのです。

理由としては

1.若い
2.企業に染まっていない
3.将来性がある

といったことがあげられます。
「若い」と「将来性」似たような意味で、二つとも通じるかと思います。
若いと長く働いてくれ、将来の幹部候補としての期待もかけられます。


2つ目の「企業に染まっていない」とはどういうことかというと
新しく働く会社の常識と、前職の会社の常識が違うということです。

日本の企業は、書類の書き方一つとっても、同じ業界の会社であれ違いはでます。
こういったことを矯正しつつ、仕事も教えていかないといけないため

「そんなリスクがあるなら、最初から新卒でいいか」

となりやすいです。

ですから私は、「未経験でも、どこでも就職できる「新卒」という肩書は、本当に大きいものだったんだな」と転職活動をしていく中で本当に重くのしかかりました。


 では、外食企業からの転職は無理なのか?


以上のような理由で、外食企業から異業種への転職は本当に難しいです。

ですが、上手に自分のアピールする方法や、転職エージェントなど
様々なことを活用すれば、あなたにも必ずチャンスがあります。

実際、私の知り合いや同期の社員でも、異業種への転職を果たしている人が多くいます。


まず外食企業から異業種への転職をしたいとお考えのみなさんに
実際に他の会社からは、こういった見方をされるんだよ
ということを知っていただきたく、こういった記事を書きました。

これをわかった上で転職活動をすると、対応策も打てます。


転職活動で大切なことは「一人でやらないこと」です。これにつきます。
今は、無料の転職セミナーや、ハローワークでも転職の相談を行っています。
必ずそれらを活用してください。

一人だと思い悩むことも多く、解決策が一方的になりがちです。
色々な人の意見を聞きながら、転職活動を進めていきましょう。


転職に大切なことをまとめました。
転職に大切な3つのこと―ハローワークと転職サイトを活用する方法・ブラック企業に就職しないこと



2014年3月29日土曜日

退職理由は嘘をつけ!―会社を辞めるときの都合の良い理由とは

あなたが、この記事を見ているのなら、今の仕事を少なからず辞めようを思っているからでしょう。
その理由はなんですか。人間関係ですか。待遇や労働環境でしょうか。

ちなみに私が、ワタミを辞めた理由は
「もっと将来を見据えた仕事がしたい」「勤務時間を調整したい」
といった理由でした。


あなたが完全に仕事を辞めると決意したのであれば、辞める理由にも気を付けなくてはいけません。
店長や上司にどういう理由で辞めるというかです。

この時には「どうしようもない理由」を言うと良いと思います。

 辞めるときに都合の良い理由とは?


どうしようもない理由とは何かというと・・・

「親の介護がある」「家業を継がなくてはいけなくなった」
こういった理由です。

あなたはなぜ辞めたいと思っているでしょうか。どんな理由であれ、それを正直に言ってはいけないということです。


何故なら、例えばあなたが辞めたい理由が、人間関係にあったとします。
すると上司はこう言うでしょう。

「別の店に異動させるから、そんなこと言うなよ」
「まだ長い会社人生のなかで、今はほんの一瞬だよ。もう少し頑張ってみないか」


もし、辞めたい理由が、給与の少なさにあったとします。すると上司は

「今は少ないかもしれないが、出世すればこれくらいにあがるんだぞ」
「将来を見据えて、頑張ってみないか」

などと言うでしょう。


何が言いたいかというと、話の趣旨がすり替わっているのです。


上記の親の介護とどういう違いがあるのでしょうか。

あなたは、辞めたくて上司や店長に言いました。なのに、正直に言ってしまうと、代替案が提案され、辞めない方向に向かっています。
もし、辞めたい理由が、親の介護なら、上司も家庭の事情を出されてしまうと、解決策は会社にはなく、慰留も難しいです。


要するに辞めるなら、理由はどうあれ嘘でもいいのです。
外食企業や店にとっては、退職の理由など何でもいいのです。
いずれにせよ「あなたがいなくなる」という事実は変わりません。


よってあなたが本当の退職理由を言う相手は、家族や友人など
退職した後も、関わりのある相手のみです。
「会社には建前を、身内には本音を」ということです。

仲の良い同僚には、退職した後に、必要であれば話してもいいでしょう。
退職前に言ってしまうと、建前の退職理由が上司に漏れるおそれもあります。

「いや、あいつなら絶対に秘密にしてくれる」という人もいるかもしれません。
いずれにしても、建前と本音を分ける場合は、慎重に行うことが必要です。

 引き止められたとしても・・・


そして、辞めるというと、慰留されるかもしれません。私もそうでした。
私の場合、普段会わないような課長や部長にも慰留されました。ワタミのような外食チェーンだと、めったに会わない人です。


「辞めて次の仕事は決まっているのか」「飲食店だけでなく、他にもウチの会社での働き方はあるぞ」など、最もらしいことを言われました。
上司たちはいかにも「俺はお前が心配なんだ」というオーラを出していました。ただ、そんなことはありませんでした。

なぜそんなことを思うのかといえば
「本当に私のことが心配なら、退職後も連絡が来るはず」と考えたからです。
「仕事は決まったのか」「今の生活はどうだ」とかね。

言うまでもなく、退職してもうすぐ一年が経ちますが、ただの一度も連絡はありません。

仲の良い同期から連絡があったくらいです。


「普段会わない上司なんかそんなもんだろうな」とつくづく実感しました。
仕事だけの関係なんて、そんなものです。

もっと言えば「辞めんのはいいけど、手続きがめんどくさいんだよ」
「辞められると、引き継ぎや異動が手間なんだよな」
「部下に辞められると、俺の評価が下がるんだよ」
とさえ思っていたかもしれません。

これが、会社や上司の本音です。

もともと、仲良しクラブではなく、利害関係を追求した会社組織の、仕事上の人間関係ということですね。

だから、あなたも変に気を使う必要はありません。あなたが辞めたいのだから。
ただ一応、繁忙期を避けてもいいかもしれません。そのくらいの義理は、まぁ必要でしょう。

もし、皆さんがこれから会社を辞めることがあれば、いろいろ参考にしてください。



退職までの全体的な流れをまとめてます。
退職までの流れを簡単にまとめてみた―会社・仕事の辞め方3つの方法



Back to Top