2016年2月12日金曜日

退職の必要書類とは―会社に提出するもの、もらうもの7つをまとめた


退職する場合、いろいろと提出が必要な書類があります。
会社からもらうものもあります。

ここでは実際に退職するときに、必要な書類をまとめています。
是非、参考にしてください。




 会社からもらう書類とは


1. 年金手帳

入社時に会社に預けている人もいると思います。一生使う大切な手帳ですから、扱いには十分注意しましょう。ちなみに私の勤めている会社では、基礎年金番号のコピーを提出して、原本は手元にあります。

2. 雇用保険被保険者証

3. 健康保険被保険者資格喪失証明書

会社の健康保険から脱退した証明書で、退職後に国民健康保険に加入するときに必要になります。

4. 退職証明書

5. 離職票

退職してすぐには受け取ることはできず、退職後約10日前後の受け取りとなります。
再就職が決まっている場合は不要ですが、万が一のことも考えて、受け取っておくのがよいでしょう。

6. 源泉徴収票

転職や退職したときは、必ずもらって取っておきましょう。人によっては、確定申告すると、還付金が戻ってくる場合もあります。

7. 厚生年金基金加入員証

 会社に提出する書類とは


1. 健康保険証

会社の名前で加入していますから、退職と同時に使用できまくなります。健康保険証のコピーをとって返却します。(任意継続被保険者の手続きをする場合に健康保険証番号が必要です。)

2. 会社の身分証明書

3.制服、作業服

4.通勤定期券

5.名刺

6.退職届 (退職届の書き方と封筒や用紙の選び方―これさえ押さえれば誰でも書ける


7.その他、企業秘密・社外秘の書類一式


ざっとこうした書類が必要になってきます。「うわぁ、めんどくさいな」そう思った方も多いと思います^^ 入社の時も各種手続きが必要だったのと同じように、辞める時も色々と必要なんですね。

ここでめげては新しい職場へと進めなくなりますから、迅速に、かつ丁寧に手続きしていきましょう!

退職までの全体的な流れをまとめてます。
退職までの流れを簡単にまとめてみた―会社・仕事の辞め方3つの方法 




0 件のコメント:

コメントを投稿

Back to Top