2014年10月5日日曜日

スタバにもあった!売上不振から復活した「らしさ」の経営



無駄をなくして、売上減少?



売上高が拡大しているものの、利益は半減、既存店の売上高も下がっている。
つまり2008年、スタバは数字のうえでも不振状態に陥っていたのだ。

「売り上げ拡大の勢いは重要。これは維持したい。しかし利益が悪化しているのは費用が多すぎるからだ。もっと無駄を省いて、効率化を図ろう」
このように考えるのではないだろうか?



Back to Top