2014年11月12日水曜日

ワタミ 店舗閉鎖102店舗 『元』ブラック企業ユニクロとの違いは?


ブラック企業批判の対処もままならず、居酒屋そのものの利用者減少を受け
店舗の閉店が加速しています。


居酒屋チェーンなどを展開する「ワタミ」は利用者の減少に歯止めがかからないとして、
新たに38の店舗の閉鎖を決め、今年度中に国内で合わせて102店舗を閉鎖することになりました。

「ワタミ」は11日行った中間決算の説明会で、
居酒屋チェーンの「和民」や「わたみん家」など新たに国内の38店舗を今年度中に閉鎖することを明らかにしました。
ワタミは人手不足などの影響で、ことし4月以降、先月までに国内の64店舗を閉鎖しましたが、
これで今年度中に閉鎖する店舗の数は、全体の15%に当たる102となります。

参考:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141111/k10013125451000.html


面接対策 『熱意』の作り方―未経験の仕事に転職するなら必須条件

当ブログで、退職や転職の話も書いていますが
そちらも好評なので、ちょっと志望動機とか熱意の話をしたいと思います。

採用担当者に聞いた「この人を採用しなかった理由」の一つにあがるのが
熱意がない、だそうです。

そもそも、熱意とはなんでしょうか。
面接者のどこを見て
彼は、熱意がある。彼には熱意がない。と判断するのでしょうか。


2014年11月6日木曜日

3分でわかるコーヒー業界!多様化する市場の勝者は?


全日本コーヒー協会によれば、日本は世界でも有数のコーヒー消費国。
2012年の統計ではアメリカ、ブラジル、ドイツに次ぐ世界第4位のコーヒー消費大国である。また、コーヒーの輸入量は2013年には50万3137トンと史上最高を記録した。


今、コーヒーマーケットにニューウェーブが押し寄せている。
これまで日本では3回ものコーヒーブームが巻き起こってきた。




セブンカフェ 今やスタバと比較されるレベルだが、始めは失敗の繰り返しだった!

セブン-イレブンの100円コーヒー、スターバックスの2000円コーヒー、「コーヒー界のアップル」ブルーボトルなど、最近、コーヒー市場をめぐる各企業の競争が加熱している。

 『戦略は「1杯のコーヒー」から学べ!』の著者である永井孝尚氏によると、「コーヒー業界をめぐり各社が打ち出す商品、ビジネスモデルは、最新ビジネス戦略を学ぶ好材料」だという。そこでコーヒーの裏側にある高度なビジネス戦略について語ってもらった。


参考:http://toyokeizai.net/articles/-/51509


Back to Top